斜里バス株式会社 世界遺産知床にバスに乗ってでかけよう!

環境活動

環境方針

温暖化やオゾン層の破壊、大気・土壌・海洋汚染、酸性雨、森林の減少、砂漠化などの地球環境問題。私たちは、深刻化するこれらの問題に関心を持ち、地球環境保全に向けた取り組みを実施していきます。

行動指針

1.私たち一人ひとりが身近なことから、環境に負荷をかけない行動をとるよう心がけ、取り組みましょう。
 (1)エコドライブの実施(エコ運転やアイドリング・ストップ)
 (2)リサイクルの推進(ゴミの分別、廃棄物の適正処理)
 (3)エネルギー・資源の節約(節電・節燃・節水・裏紙利用など)
 (4)グリーン購入の推進(エコ製品の積極的購入、使い捨ての抑制)
2.自分の業務に関わる環境関連の法律・規則等を理解し遵守しましょう。
3.自分の家庭や地域でも自然環境を考えた行動や取り組みを行いましょう。

環境活動
◎ 自然を守る努力、つづけています。
平成17年7月、国内で3番目となる世界自然遺産に登録された「知床」。日本最後の秘境といわれる、この雄大な自然環境を守っていきたい。そんな思いから当社では、平成12年1月、北海道では初のディーゼル・電気ハイブリッドバスを導入。現在では、ハイブリッドバス4両、超低PM排出ディーゼルバス5両など最新の規制適合車を順次導入しています。加えて「グリーン経営」を推進し、アイドリング・ストップをはじめとするエコドライブを積極的に実施し、排出ガスの削減に努めています。
◎ 環境保全優良事業者表彰(北海道運輸局長)受賞
ハイブリッドバスをはじめとする低公害車の積極的導入と環境負荷の軽減に対する取り組みなどが評価され、北海道で最初の環境保全優良事業者として、北海道運輸局長より表彰されました。
はじめよう身近なことからエコロジー

   斜里バス株式会社